体験・丹後観光②

二日目の丹後です。前日、守源旅館さんで美味しい食事とお酒をいただき楽しい時間を過ごしました。途中から守源さんでたまたま飲んでた丹後の機屋さんたちとも合流し部屋は笑いのるつぼに。親子さんも楽しそうで、ますます丹後の土地・人を好きになってもらえたはず?!

二日目も寒い日でしたが、丹後半島を一周することに。春になると抜群の綺麗さの海も波高くうねってます!少し海辺で車から外に出るもののすぐ車へ。半島ドライブも終盤にさしかかり、宮津市に入った時、上世屋へ行こうと山道を走り出します。

上世屋とは藤織りが残った最後の集落で丹後の中でも豪雪地帯です。田植えが終わり苗が伸びた頃行った上世屋は棚田が広がり、感動を覚える場所も今回は山道のカーブを曲がるたびに積雪が増え、一面雪景色で切なさを感じます。こういった地域だからこそ藤織りが残ったんだと改めて感慨深いです。日本が徐々に失っていく風景が今もこの地には残っています。

最後宮津駅までお見送りをさせていただきました。

次お越しになる時は晴れた丹後を堪能してもらえたら嬉しいですね♪

コメント (1)
  • 去年の京都高島屋さんで開催された「丹後の職人展」からかなりのファンになりました。その時の方々と再会できて楽しい夜を過ごせて本当に嬉しいでした(*^.^*)
    冬の海も素敵でしたよ。常に動きがある波は見ていて飽きませんでした。風と波の音…普段は聞くことが出来ないので。水平線の向こうのぼんやりしたブルーグレーの広がりも心をすっきりさせてくれました。
    雪景色の中は絵本の世界にいるようでしっかりと防寒対策のお洋服できたら良かったと後悔です(^-^;車から降りて全身で感じたかったです(^^)v
    本当に有難うございました_(._.)_
    四季折々の丹後をこれからも体験したいです(*^.^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です