藤織り体験 その参

お盆も終わりUターンラッシュも始まりますね。

遅くなりましたが藤織り体験二日目をお送りします。
朝は宿泊先の民宿の近くの静神社に行ってきました。皆さん何をお祈りしたのでしょう。

今日の作業は藤績み(ふじうみ)、撚り掛け、機織です。

新聞の上に藤の繊維を並べ、糸にしたい太さに裂き、繊維を撚りあわせ少しづつ長くしていきます。この作業を藤績みと言いますが、ご自身で績んだ糸を機織りの時に使っていただく事に。

皆さん最初は戸惑っていましたが、思った以上に上手に績むことが出来ました。

藤績みが出来た人から順番に次は撚りかけ。績んだ糸に撚りをかけ強い糸にしていきます。

体験も残りわずかとなりました。

最初簡単に撚りを掛け見本の撚りかけ。見るのもするのも簡単な撚りかけ。

大事なのは撚る回数。

なぜ撚りがかかるのか。??マークが浮かんでる方もいましたが、教え方が良かったのか皆さんがセンスあったのか、績んだ糸が抜けることなく2メートルから3メートル撚りかけをしてもらいました。

さあ最後は機織です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA