遊絲舎では藤と織物を融合させた帯の制作、藤布製品の販売や見学、体験も行っています。

京丹後の観光名所 藤の里

新しい観光名所を目指した取り組みにも力を入れています。

藤の郷取り組み

藤の郷

衣のまほろば「藤の郷」は、異業種交流グループ「ベンチャーアミノ21」(川浪将義会長)が小石原将夫を中心に、日本で唯一残っている藤織りの技術を、丹後の地域興しという位置づけでとらえ、平成21年度京都府地域力再生プロジェクト支援事業の認定を受け、京都府の無形民俗文化財や、伝統工芸品にも指定されている「藤布」の原料である藤づるの栽培を、あしかがフラワーパーク園長「塚本こなみ」氏の御指導のもと、全国で初めての試みとなりました。 これは将来の公園化と観光との連携を視野にいれた、地域の活性化を促す取り組みです。

概要
 ○ 名 称  衣(ころも)のまほろば「藤の郷」
 ○ 場 所  京都府京丹後市網野町網野28
 ○ 面 積  約1,500㎡(土地),約450㎡(藤棚)
         96本(藤の植樹本数)
 ○ 開園日  2009年11月28日(土曜日)
 ○ 管理者  小石原将夫 園長 (遊絲舎代表)
        〒629-3102 京都府京丹後市網野町下岡610
        Tel 0772-72-2677

藤の郷新聞掲載

藤の郷開演

藤の郷のMAP

年代別 藤の郷の様子

藤の郷様子2011 藤の郷様子2010

藤の郷 2012年の様子

藤の郷 藤の郷
Copyright(c) 2014 遊絲舎. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com